お手数ですが少し広げてみてください

久住山1787m
(大分県)


白銀の久住を歩こう〜♪


2009年1月25日(日)曇り・山は吹雪 メンバー (山好クラブ7名&まっちゃんグループ4名 計11名)
宮崎市AM4時発 登山開始AM9:00前〜下山PM3時前 約6時間歩き(昼食休憩含む)


温泉水で出来た氷の芸術(赤川荘入り口)


(赤川登山口〜久住山〜天狗ヶ城〜中岳〜久住山〜赤川登山口)
当初の予定では久住山周回コースを歩き 白銀の久住を満喫しましょう〜♪ *^^*
と言う企画でしたが 久住山に登ってみると 雪と強風が吹き付けるマイナス10度以下の世界でした

悪天候の時に無理は禁物と会長は「久住山往復」企画に変更しました



さ〜久住へ出発です〜♪

まっちゃんグループは近くのバンガローで前泊でした
宮崎〜竹田経由のyamask車は「赤川入り口駐車場」に集合 8:00前に到着しました
ogojoさん&金魚さんは霧島〜熊本経由で・・・途中雪に阻まれチェーン装着で時間超過

9:00前に全員勢揃い

〜〜〜〜 〜〜〜〜

広い駐車場は雪で真っ白です



赤川荘のアイドル犬??でしょうか?メンバーの到着を待つ間遊び相手になってくれました



登山道はガイガシの雪で始めからアイゼン装着です



雪がだんだん深くなってきますが風はありません 自然林と雪・冬枯れの光景・・・静かです



足場の悪い急登の岩場をアイゼンを踏みしめながら樹氷のトンネルをくぐり抜けていきます



随分頑張って山頂がもうすぐになりましたが 久しぶりの登山でかなり息切れがします 
風も強くなり吹き飛ばされそうになりながら 一歩ずつ踏ん張って前に進みました



風が雪を顔にたたきつけて 髪につららが下がり 鼻水もつららになっています
きのこ 遅れながら頑張ってメンバーを追いかけます 後方で会長の「もうすぐですよ」とかけ声が・・・


(集合写真yamask会長提供)

全員山頂に到着しました すさまじい吹雪なのに久住山は人でいっぱいですよ
久しぶりの登山*^^* 久しぶりの人達*^^* 厳しかったけど良かった〜♪ 嬉し〜〜♪

「霧島合同登山」でご一緒した「まっちゃんグループ」も一緒で集合写真は華やかでしょう〜♪
山のお知り合いが増えています 頼もしく嬉しいことです



記念写真もそこそこに久住山頂を後にし 久住別れの避難小屋に向かって足早に降りていきました
久住は厳しいです マイナス10度以下の極寒の世界では半端な装備では危険です
山用のウエアーがいかに優れているか 身をもって実感しました 


デジカメを持つ手が分厚い手袋で覆われているため 写真を写すのが一苦労で 写真が少なくて残念!!

避難小屋は沢山の登山者で大入り満員 とても座る場所はありませんが しばらく待って隅っこの空きスペースに
腰掛け とにかく空っぽのおなかに巻き寿司とおかずを詰め込みました こんな時は白湯でも美味しい 本当に美味しい



避難小屋で昼食を済ませた後は 再度久住山を通過し もと来た赤川登山口に降りることになりました



全員無事下山しました 下界は案外穏やかで吹き荒れていた久住山の出来事はまるで夢のようで・・・
厳しい雪山でしたが こんなに楽しい気分で降りてこれるのはなぜでしょうか?? 不思議ですね

苦しい 苦しい でも負けない 負けない・・・そうやって下山してみると又登りたくなる
「不思議」*^^*


おまけ



赤川荘入り口の道路脇に美しい氷の芸術がお目見えして・・・「な〜に?? 水でもまいて作ったの??」
と思いきや
温泉が少しずつ吹き上げて凍って出来た「自然の造形美」のようでした



久しぶりに会った山中間さんなのに・・・
不覚にも乗り物酔いでお世話なり
ペースがスローでお世話になり
・・・

まっちゃんグループとご一緒できて良かった〜♪
有り難うございました〜♪

 
本当に楽しかった〜\(*^0^*)/



 トップページ