お手数ですが少し広げてみてください

大崩山ダキ群とササユリ(宮崎県1643M
2008年6月14日(土)晴れ曇り 
約10時間の山歩き 山好クラブ員8名

深く厳しい山ですが今年も参加しました



スイスイと行けるところではありません
早朝に出発して明るい内に下山しないと危険です



宮崎県の山参照

大崩山登山口〜大崩山山荘〜ワク塚ルート分岐〜袖ダキ〜乳房岩〜下ワク塚〜中ワク塚〜上ワク塚〜七日廻り岩
〜坊主尾根分岐〜リンドウの丘〜小積ダキ〜坊主尾根〜坊主尾根分岐徒渉地点〜大崩山山荘〜大崩山登山口


(袖ダキから下ワク塚を望む)

〜〜〜〜〜〜〜〜

ワク塚コース



山好クラブ8名集合でこれから登ります(大崩山登山口)



山小屋近く徒渉地点を確認して      沢を渡って進みます(ワク塚コース分岐点先)



下ワク塚を背景に袖ダキで集合写真です



あ・・・ササユリ(袖ダキ チブサ岩)



ワク塚ルートから小積みダキを望むと大きな岩峰に圧倒されます



ベニドウダンツツジ   ヨウラクツツジも咲いていました



岩峰に立つメンバーを見ているだけで足下が涼しいです



向こうに見えるダキ群の迫力



中ワク塚


                 
ワク塚群を越え七日廻り岩を回り足が棒になる頃



リンドウの丘〜小積ダキ 像岩が見えますが「像岩のトラバース」は一瞬の隙も許されません



険しい坊主尾根ルートにササユリの花が咲き誇って緊張をほぐしてくれました



沢を渡り 岩を飛び ロープに鎖にはしご 慎重に降りていきます



ササユリの気高い香りに包まれて坊主尾根を降りました


(yamahiroさん撮影徒渉場面)
靴を脱いで沢を渡りますが水の冷たさと言ったら・・・足がしびれてしまいました



今年も思いっきり歩きました 厳しい岩峰の大崩山(坊主尾根コースから)来年も又歩けますように*^^*


おまけ



崩壊箇所を修復してくださった方々
一緒に歩いてくださった山仲間さん
遅れた私たちを待っていてくださった会長

大変お世話になりました

心配は・・・ササユリのある岩肌が削られて 流されてしまいそうです
盗掘なんてもってのほかです
どうしたら守れるでしょうか?素晴らしいこの自然

マンガ大崩山物語



心身を鍛えてまた行きたいと思います
良い1日を有難う〜♪


           トップページ